求人情報の相違

内容の相違

  • 求人広告を読んでとても魅力的に感じた企業でも働き始めたら思っていたものと違ったという経験をしたことがある人もいます。このような広告の内容と働き始めての相違が起こるということはいろいろなことが原因です。

    まずは企業側の説明が不足しているということです。企業によって役職や部署の名前とその仕事内容というのは違いがあります。営業の仕事も顧客に対してと法人に対してという違いがありますし電話での営業と訪問での営業もあり、取り扱う内容や業務の進め方は企業ごとに違うものです。そして、最近では企業独自の部署名や役職名を付けているところも多く、そのような企業となると名称だけでは具体的な仕事内容が判断できません。そのため、具体的な業務内容の説明がないと認識の違いが出てしまうことがあるのです。

    もちろん内容を誇張していたり脚色していたりするという場合もあります。有給完全消化をうたっていても実際には有給が取得しにくい風土であったり掲載されている写真が設立当初のもので実際のオフィスと様子が違ったり、といったこともあります。そのため、ホームページや雑誌に書かれている求人情報はしっかりとすべてに目を通すのはもちろんのこときちんと訪問して企業の情報を得ることも重要です。