求人情報の相違

相違が起きないように

  • 働き始めて思っていたものと違うということがないようにするには事前にどれだけ情報を収集できるかが重要です。もちろん社風や人間関係といったもののように働き始めてみなければわからないというものもあります。しかし、そういったもの以外はある程度事前に情報収集をすることができますからしっかりと確認しておきましょう。

    たとえば仕事内容はかならず職種だけでなく細かな内容まで確認すること、実際にその仕事をしている人へのインタビューといった内容も確認しておくと仕事内容の認識違いは防げます。それ以外にも企業理念の確認をしておくと会社の風土や取り組みもイメージしやすくなります。

    それ以外にも企業が提供しているデータを閲覧することも有効です。これは業績の部分を確認して会社の安定性を見ることはもちろんですが、ほかにも社員の平均年齢や中途社員の比率といったものも確認しておきます。このようなデータを見ると離職率を予測することができ、その会社の労働環境をイメージしやすくなります。

    もちろん求人情報を見て不明点や疑問点があれば説明会やメールでの質問をするというのも重要です。わからないまま採用試験を受けたり入社するのではなく不明点はクリアにして入社をするべきです。